エンジン始動

今日は台風一過で熱い一日でしたね
これから厳しい季節ですが腰の調子が良くない兵藤です
今朝の東北の地震…気になりますね…嫌な感じです

さて、整備していたロータスヨーロッパですがエンジンがかかりました
っと言ってもずいぶん前に始動していたのですが、他の仕事が忙しくそのまま放置状態でした(汗)

思ったよりも調子が良くて問題無さそうです
冷却系と燃料系の錆が酷いのが気になりますが…

エンジンがかかりましたので改めて電気系をチェック…あちこち問題が浮上してきました
配線が…とか、ウォッシャー出ない…とか、ブレーキが…とか問題山積です

地上に降り立つのはしばらくかかりそうですね…時間をみつけて作業してまいります

古いクルマは手がかかりますが、生かすも殺すもメカニック次第

経験はもちろんですが、触っているクルマに対しての思い入れが一番大切だと考えます

自分は技術はいまいちですが、思い入れだけは負けません!!…ってダメじゃん(笑)

当社で販売したこのロータスヨーロッパは40年経過しております

アストンで言えばVANTAGEやDB7などは20年を経過しようとしていますね…アトランティックも歴史が深いですね

思い入れが強くてこんなサイトを作ってますので是非ご覧ください

アストンマーティンメカニックのモデルカーサイト

カテゴリー: LOTUS, SERVICE CENTER   パーマリンク