ブレーキもダメです…

こんばんは、またまた更新がだいぶ滞っておりました…
40歳を迎えると同時に身体の不良が気になる兵藤です
今回も自分と同世代のロータスネタでございますがお付き合いください

エンジンもかかりひと段落と思ったのもつかの間…ブレーキの踏みしろがでない…
マスターシリンダーでもオーバーホールすれば問題ないだろうなんて甘い考えでおりましたが、いくら踏めどもブレーキオイルが流れず…

このヨーロッパにはマスターバックが2つありまして…どうやらそこが悪いらしいという結論に至りました(汗)
ロータスパーツは供給が終わってますが、代替品なら在庫あるとのことでさっそく取り寄せ…
ちょっと大きいとは聞いてましたが、作り変えるパイプとホース付…これは完全にDIYキットですな(笑)

比べると、正直ちょっとどころじゃないですよ…意外にスペースのないエンジンルームに取り付けます
当然のようにブラケットを加工して作り直して…ブレーキパイプも作ります

先端の絞りはブレーキフレアツールを使って製作するのですが、これがなかなかコツが要ります

何度か試すうちにパイプの切断面をきれいに作るのが必須のようでして…パイプカッターを導入

アダプターを使用してフレアを製作していきます
ここもきっちり均等に力を加えると仕上がりが変わります

ほら、こんな感じで…なんてw
不器用なので、ここまで来るまでけっこうかかりました(汗)

それっぽくなってますが今回製作した8ヶ所を同じクォリティにするのは難しい…

パイプは手曲げなのでそれなりに…不器用丸出しですw

トランクとヘッダータンクとフード…全部ぎりぎりです
なんとか形になりましたね…疲れましたが、現代のクルマではない修理なので楽しいです♪

不器用なんですが細かい作り物が好きでこんなサイト作ってます
アストンマーティンメカニックのモデルカーサイト
良かったら覗いてみてくださいm(__)m

カテゴリー: HISTORIC, LOTUS, SERVICE CENTER   パーマリンク