V8 Vantage Coupeの希少車入荷のご案内投稿日: 作成者: snohara

この度、希少なV8 Vantage Coupeのマニュアルモデルが入荷致しました。

詳細は下記、当ホームページ内の在庫リストでご覧頂けます。

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/stock/?car=v8-vantage-coupe

現在ショールームに展示中ですので是非、足をお運び下さい。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

カテゴリー: NEWS, V8 VANTAGE | コメントは受け付けていません。

臨時休業のお知らせ投稿日: 作成者: snohara

9月9日(土)、9月10日(日)の2日間、誠に勝手ながら麻布台ショールームは臨時休業とさせて頂きます。

足立サービスセンターは通常通り、9月9日(土)は営業しておりますのでご入庫等のお問い合わせは 03-3855-3281 までご連絡頂きますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

アトランティックカーズ スタッフ一同

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

AUTIMOBILE COUNCIL 2017出展のご案内投稿日: 作成者: snohara

弊社は今夏、クラシックカーの展示会に参加致します。

CLASSIC MEETS MODERNをテーマに掲げたこのイベントは往年の名車から最新モデルの展示、販売はもちろんのこと、物販なども含めた今までにないイベントでございます。

普段は見る事のできないようなお宝級の名車にも会える特別な時間になる事間違いなしです。

その中で弊社はASTON MARTIN OWNERS CLUB JAPANのご協力の元、Aston Martinのヘリテージカーの展示を行い、弊社グループ会社であるB&B ITALIAの家具なども展示する予定でございます。

ラグジュアリーなものに囲まれて過ごすラグジュアリーな時間を是非楽しみにいらして下さい。

場所:幕張メッセ 国際展示場ホール4/5                                          会期:                                                2017年8月4日(金)12:00~18:00 (プレミアムタイム)                            2017年8月5日(土) 9:00~18:00(一般公開日)                                         2017年8月6日(日) 9:00~17:00(一般公開日)

イベント詳細に関しましては、下記の弊社ショールームまでお問い合わせ下さい。

AMCJロゴAtlantic-since1952

 

 

 

株式会社アトランティックカーズ 高田                                           TEL:03-3583-8611

 

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

2017 スキルアップトレーニング ご案内投稿日: 作成者: snohara

 

今年も、ドライブを楽しく安全運転向上のため、スキルアップトレーニングを開催致します。

IMG_0049

 

IMG_7855

 

これはツインリンクもてぎの専用施設コースの中で、公道では出来ないトレーニング走行経験を通し車の限界性能を知り、安全運転に役立てて頂くと共に、ドライビングスキルの向上を目指すプログラムです。今年は5月と10月に開催致します。

「スキルアップトレーニング」は、国産車、外車を問わず、サーキット走行が出来る車種ご参加いただけます。

より多くの参加者と一緒に和気あいあいとトレーニング走行をし、スキルアップに繋げるための1DAYイベントです。このイベントは走行会やレーシングスクールとは異なり、経験者も未経験の方もご一緒に楽しんで頂けますのでぜひご参加下さい。

 

日 時   :  5月20日(土曜日)

場 所 : ツインリンクもてぎ

プログラム内容

Aプログラム(31,800円) 9:30 – 17:00

Bプログラム(39,800円) 9:30 – 19:00

※ Bプログラムのみ ロードコース走行(フルコース)

両プログラム共通 定常円旋回、Jターン、スリパリーコーナリング(トレーニング施設)

両プログラム共通 中高速域からのブレーキング、コース走行(南コース)

IMG_0117

 

 

※ Bプログラムのみ ロードコース走行(フルコース)

IMG_7930

 

詳細、申込書は、下記クリック

アトランティックレーシング スキルアップトレーニング 申込書

印刷して、ご記入頂き、FAXもしくは、メールにてお申込みください。

ご連絡頂ければ、申込書も郵送にて送らせて頂きます。

ご不明な点が御座いましたら、

㈱アトランティックカーズ

アトランティックレーシング事業部

TEL 03-3583-8611

中村 充利

 

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

昨年のイベント投稿日: 作成者: snohara

昨年のアトランティックカーズ イベントの動画をYouTubeにて公開しております。

リンク  Atlantic Cars  YouTube

是非、ご覧ください。

今年もいろいろなイベントを開催させて頂きます。

 

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

陸海コラボ AZIMUT&Aston Martin 試乗会投稿日: 作成者: snohara

AZIMUT&Aston Martinの共同展示、試乗会のご案内です。

弊社グループ会社、安田造船所にて体験試乗会を開催します。

12月3日と4日 AZIMUTに触れる機会です
日本では初めての公開となる72FLYもご覧いただけます 販売艇として53M 55S 62Sもご覧いただけます。

日時:2016年12月3日(土)、4日(日) AM10:00 – PM 3:00

場所:東京都大田区京浜島3-4-1

お問合せ:03-3790-2230

S__942108

 

弊社からはアストンマーティン、エクストリーム・スポーツモデル「V12 Vantage S」、そしてラグジュアリー4ドアスポーツ「Rapide S」のデモカー2台をご用意致します。

ご希望の方は、試乗も行えますので弊社営業までお声かけください。

_Y4_2247

 

 

_Y4_1082

ぜひこの機会にAston MartinとAZIMUTの素晴らしさをご体験いただければと思います。

詳しくは安田造船のFacebookページをご覧ください

https://www.facebook.com/yasuda.shipyard.fun/

 

株式会社アトランティックカーズ

 

 

 

カテゴリー: NEWS, Rapide S, V12 Vantage S, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

FIA世界耐久選手権GTE Proクラス優勝!!投稿日: 作成者: snohara

イギリスのシルバーストーンから始まり、1年を通して各国を転戦するFIA世界耐久選手権のファイナルで、ニッキとマルコの操るゼッケン95番が、チャンピオンになりました!!

GTドライバーのチャンピオンのバトルで二人のデンマーク人が勝利しました。(一番右はイギリス出身のDarren Turnerです)

#95 - Nicki Thiim, Marco Sorensen, Darren Turner_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライバルであるフェラーリ(51番)と5時間目で20秒のリードを作り、ハードに追い込みをされるも、最後は12.695秒の差を残しチェッカーフラッグを受けました。

 

個性的な見た目のニッキは今シーズンからアストンマーティンに参加し、「ついさっきまで2スティント走ったばかりだから興奮していて優勝した実感が湧かないが、これから湧き上がってくると思うよ」とレース直後にコメントしていました。

 

一方でもうひとりのマルコは「チームメイトのニッキとは10歳の頃からカートで競い合った仲間で、それが今日アストンマーティンレーシングでチャンピオンになれたのがすごいよ」と語っています。

 

このアストンマーティンというチーム、そして新しくサポートを受けてきたダンロップとトタル、このチームが一丸となってチャンピオンを産み出したことに感動です。最後にアストンマーティンのチームのパドックの様子を描写した動画をご紹介します。

 

関連記事

 

「軽量コーナリングマシーンのGT8 ショールームにて展示中 !!」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8859

 

「WECニュルブルクリンク6時間耐久 ダブルで表彰台へ」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8707

 

「ルマン24時間 2016 Manufacture Title」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8636

 

「アストンマーティン・レーシング・レース近況 (ルマン24時間に向けて)」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8589

 

「2016年FIA世界耐久選手権(WEC)」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8515

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

「Atlantic Cars Limited Performance Driving Course 2016」開催いたします投稿日: 作成者: snohara

Aston Martinは、ラグジュアリーなモデルを提供するのと同時に、レース活動も行い世界耐久選手権(WEC)のWEC ProとAMクラスにも参加しているのは、このブログでもご紹介させていただいております。

3918_DG_WEC2016_Mexico

しかし速い車を作るに限らず、その車両の持つ能力をオーナー様があますことなく利用するべく、イギリスのミルブルックというところでスクールも開催しております。

JPG Small-Millbrook (Performance Driving Courses) 2016 30

JPG Small-Millbrook (Performance Driving Courses) 2016 28

 

弊社アトランティックカーズは日本国内で唯一、お客様にアストンマーティンが持つパフォーマンスを体験して頂こうと安全に配慮した環境で独自のプログラムをお客様向けに実施しているディーラーです。

photo0124

レースやタイムアタックとは違い、どなたでもアストンマーティンの持つパフォーマンスを理解いただき日頃のドライビングに活かしていただくのが目的です。こちらは昨年の様子を撮影した動画です。

講師にはジャーナリストでありながら一流のレーシングドライバーである清水和夫さんを今年も迎えて行います。

photo0495

 

他のディーラーでアストンマーティンをお買い求められた方も、アストンマーティンのオーナーの方であれば誰でもご参加いただけます。まだご参加可能ですので、興味あればぜひご連絡下さい。

 

開催概要

主催:株式会社アトランティックカーズ

監修:レーシングドライバー 清水和夫氏

参加車両:アストンマーティンに限ります。安全基準に適合し、整備された車両に限ります。

開催日程:2016年11月26日(土)27日(日)の2日間

開催場所:ツインリンクもてぎ (栃木県芳賀群茂木町桧山120-1)

参加料金:162,000円 (宿泊、会期中のお食事を含みます)

問合せ先:株式会社アトランティックカーズ

 

 

カテゴリー: EVENT・SHOW, PERFORMANCE DRIVING | コメントは受け付けていません。

Aston Martin Approved Used Car投稿日: 作成者: snohara

弊社ブログでは、最新モデルや限定車ばかりいわゆる高嶺の花のようなモデルを紹介しておりましたが、久しぶりに認定中古車をご紹介させて頂きます。(アトランティックカーズはDB11AM-RB 001ばかりを販売しているわけではないのでご安心ください!)

 個々の車両の紹介の前に、正規ディーラーでアストンマーティン・アプルーブド・ユーズドカーを購入するメリットを知っていただければ幸いです。 

  1. アストンマーティン社が指定した140項目の点検をクリアしている
  2. 1年以上のメーカー保証がつく
  3. 1年以上のアストンマーティン・エマージェンシーサービスがつく

 中古車を購入される時の懸念点を考えると、この3つは大きな違いになります。

10年以上経過した車両には残念ながら保証がつけられないのですが、現在の在庫車ではどれも新しい車両なので心配はいりません。

厳密な検査をし、適正だと認定Approved)された中古車をアストンマーティンではApproved Carと呼びます。 では早速、アプルーブドされた中古車をご紹介いたします。

Vantage」シリーズ -レース直系スポーツカー-

 N430     右ハンドル 7速2ペダルSports Shift 1630万円            車検:平成30年12月  _Y4_3416

Q by Aston Martinの珍しいレッドのカーボンパーツなど、オプションパーツ合計だけで476万円が使われておりコスパ高いです。

 

V12 Vantage S   右ハンドル 7速2ペダルSports Shift 2100万円  車検:平成30年3月_Y4_7389

 

オニキスブラックの外装の中、チラリと使われているカーボンファイバーが特徴。ブレーキキャリパーだけが赤く印象深い一台です。

 

N430    右ハンドル 7速2ペダルSports Shift  1480万円 車検:平成2911月 Y4_12721

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っともイギリスの正統派なカラー、アローログリーンが使われた外装。イエローのアクセントが派手すぎずない主張をしています。 

Rapide S」シリーズ -最高速327キロの4ドア

Rapide S 右ハンドル 8速AT Touchtronic 2080万円 車検:平成29年月

_Y4_2742

コンクールブルーと呼ばれるエレガントなブルーをまとった4ドア

 

こちらにさらにたくさんの各モデルの詳細写真がありますので、ぜひご覧ください。

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/stock/#used-car

いかがだったですか?中古車はすぐに売れてしまう事もありますので気になった車両についてはぜひ弊社にお電話でお問合せ下さい。

アトランティックカーズ TEL: 03-3583-8611

 

 

 

カテゴリー: Approved Used Car 認定中古車, Rapide S, SHOW ROOM, V12 Vantage S, V8 VANTAGE S | コメントは受け付けていません。

アトランティック・レーシング・スキルアップトレーニング 10月1日投稿日: 作成者: snohara

弊社アトランティックカーズの名物イベントとなっております「スキルアップトレーニング」を土曜日に開催して参りました。今回は参加者が14名となり、今回で初参加という方も多く、ツインリンクもてぎに大いに盛り上がりました。

 コースやプログラムは基本的に変わりませんが、今回参加頂いた方の車両の傾向を見ていきましょう。

 PorscheBMWAudiALPINAMercedes Benzとドイツ勢が多く全体の50%に達しました。そしてスバル、ホンダ、そしてレンタルカーのシビックで参加された日本勢が全体の36%、そしてアルファロメオとアストンマーティンが1台づつの参加となりました。(全体の7%)

モザイク処理済み1

モザイク処理済み2

 DSC_5557

ATMTの比率は、AT71%、MT29%でした。前回のMT比率の41%よりは下がってしまいましたが、Porsche2台は両方ともに左HMTというとこは追記しておきます。

 ほとんど欠かさずに参加頂いてる常連の方や完全に新規の方、久しぶりに参加頂いた方、上級者から初心者まで混ざりご参加頂き、フレッシュな雰囲気で開催出来てうれしいです。本イベントの趣旨としては大変ふさわしいと思われます。参加者の方に言われたのが「アトランで車を買ってないけど参加してよかったのですか?」と質問が出ましたが、それは全く問題はありませんし、アストンマーティンだけのスクール「PDC (Performance Driving Course)」でも他のディーラーで車両を購入し、参加頂いた方は大勢いらっしゃります。

 モザイク処理済み3

そして、告知やダイレクトメールには記載されていなかったのですが、スペシャルゲストが2台ありました。今、最も旬なアストンマーティン「DB11」と「GT8」の2台です。自分達で言うのも変かも知れませんが、豪華なスクール内容となりました。 DSC_5552

この先100年を担う中心モデルのDB11と最も軽量化されたVantageシリーズのGT8。弊社ショールームでの注目度でいえば圧倒的にDB11ですが、走りのイベントでは若干GT8が人気を集めていました。 

ロードコースで走る前、希望者の方へDB11を南コース1週だけ試乗いただきました。

DSC_5585

 

 様々な感想をみなさま持たれ「何もしなくて機械が上手にコントロールしてくれていい」という方や乗り心地重視のGTモードで運転した方は「ラグジュアリーだ」いう方もおりました。

最後には東コース(ロードコース)をコース選択された方で数週まわり、無事にイベントが終了しました。

DSC_5593

DSC_5595

DSC_5599

来年のスキルアップトレーニングの日程はまだ未定ですが、決まり次第にブログやFacebookにて告知いたします。

そして、アストンマーティンのみが参加可能のPDC (Performance Driving Course)112627日の2日間で開催予定です。ご興味ある方は弊社までお問い合わせ下さい。

アトランティックカーズ・レーシング事業部

株式会社アトランティックカーズ

 

 関連記事

 

「軽量コーナリングマシーンのGT8 ショールームにて展示中 !!

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8859

 

DB11エンジンの秘密」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8818

 

アトランティック・レーシング・スキルアップトレーニング 429日(祝)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8552

 

アトランティック・レーシング・スキルアップトレーニング 429日(祝)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8552

カテゴリー: DB11, GT8, スキルアップトレーニング | コメントは受け付けていません。

「Shimoda Rendezvous」 のご案内投稿日: 作成者: snohara

弊社からアストンマーティンをご購入いただいておりますお客様の皆様に、「AZIMUT」のOwner’s Club設立のプレイベントにご参加、ご招待させて頂きます。

アトランティックカーズのグループ企業であるイタリア高級ボート「AZIMUT」のインポーターである安田造船所、このOwner’s Club設立にあたって、グループ企業そして弊社お客様にお集り頂き、クルーザーやアストンマーティン、そしてヘリなどで下田の安田造船所の保有する広大なヤードで遊ぼうというイベントのご案内です。

新艇で数億円するAZIMUTのクルーザーへの体験乗船や、ヘリの体験クルーズ(有料)
そしてアストンマーティン試乗、フィッシングやBBQ、その他にも大人ならではの遊びをご用意してスタッフ一同お待ち申し上げております。

SHIMODA RENDEZVOUS 2016
http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/pdf/shimoda_rendezvous_20161015.pdf

日時: 10月15日 土曜日 12:00 スタート
住所: 静岡県下田市武ガ浜 安田ヤード
https://goo.gl/maps/zDcvqYcZcxA2
参加費:無料(ヘリクルーズ体験を除く)

現在参加予定 マシーン一覧
AZIMUT 10艇
ヘリコプター 4機
ASTON MARTIN 5台
G63 AMG6x6 1台

イベント運営、協力
Yasuda Shipyard
Atlantic Cars
B&B ITALIA
下田市役所

参加される方、ご質問は担当営業もしくは、アトランティックカーズショールームまでお問合せください。

アトランティックカーズ
TEL 03-3583-8611

Azimut_Collection1

 

20160105111447_747668008

 

Rapide S 富士山バック

 

 

カテゴリー: EVENT・SHOW, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

アストンマーティンのニューモデル登場投稿日: 作成者: snohara

本日紹介するのはアストンマーティンの新モデルですが、今回は新車でなく新艇です。

 モナコのヨットショーにて、以前から開発中であったアストンマーティンのパワーボートこと「AM37」が世界初公開されました。ご覧ください。

 クインテッセンス・ヨット(Quintessence Yacts)とアストンマーティンで共同開発ししついに完成したAM37は贅の限りを尽くしたボートであり、それでいてしっかりとアストンマーティンらしさを感じさせます。

 まずは外装から見ていきましょう。ウッドの木目が美しくシンプルかつダイナミック。 home5

 車でいうリアにあたる最後尾は引き締まったシェイプ。ここからタラップが伸び、スイミングに興じる事も出来るとの事です。

AM37_16cb_00317

 

そしてフロントガラスにあたる正面にはしっかりとアストンウイングが

AM37_16lb_01713

 自動でシェード(日よけ)を出す事も可能であり、かつ船内に入れないようにシールドをすることも可能との事

slides2

 内装も見ていきましょう。

AM37_16cb_00370

 AM37_16lb_01550

 pilotseat

 AM37_16cb_00416

コクピットまわりはほとんどがカーボンファイバーと革で上品かつスポーティーに仕上げられており、運転席の後ろにはシャンパンクーラーが装備されているのは、自動車業界から見ると羨ましい限りです。

そして最後にキャビン。AM37_16cb_00283

尚、エンジングレードが3つ用意されております。

AM37    軽油     370馬力

AM37 ガソリン  430馬力

AM37S ガソリン 520馬力

いかがだったでしょうか?

陸もいいですが、このAM37に乗って海に繰り出したいと思いませんか?

気になるお値段はまだ公表されていませんが、最大8人が乗れるこのAM37は非常に魅力的な乗り物であることは確かです。

株式会社アトランティクカーズ

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

軽量コーナリングマシーンのGT8 ショールームにて展示中 !!投稿日: 作成者: snohara

アストンマーティンはラグジュアリーブランドでありつつも、ブランドの歴史として長くレーシング活動を行っております。今回ご紹介するVantageはそれを強く受け継いだモデルであるVantage GT8であり、実車が現在弊社ショールームで展示されております。

Vantage史上最も軽量化がされたGT8は以前このブログでもご紹介しましたが、現車を前に細かい仕様やオプションを紹介させていただきます。 

DSC_5436

では詳細を見ていきましょう。

「驚くほどに軽いドア」 

DSC_5431

このカーボンファイバーのキャップにされたサイドミラー、そしてカーボンファイバーの内貼りによりドアを開けた時からその軽量化を感じさせられました。

その他にもルーフもカーボンファイバーになっており軽量だけでなく低重心化も考えた仕様になっています。

「空力」

DSC_5535

GT8 SR3大胆に後方にマウントされたリアのカーボンファイバーウイングはもとより、大きくせり出したフロント部分にも多くの空力パーツのオプションが付けられています。

「ホイールオプション」

GT8 SR2

今までにない多くのホイールのオプションが用意され、この車に付けられているのがセンターロック付きの19インチ7スポークサテンブラック。

本社両車には付いていないものの、最高峰のオプションとして用意されているマグネシウムの19インチ7スポークは、値段こそ300万円を超えるものの8.5kgの軽量化を果たすものです。

「アストンマーティンレーシング直系」

GT8はアストンマーティンレーシングで世界耐久(WEC)のGTEクラス(市販車限定)で活躍している、Vantage GTEにインスパイアされたレース直系のマシンとして作られたマシンです。

アストンマーティンレーシングの今季の成績は絶好調で、北米で行われたメキシコ戦(9/3)では1位と3位。アメリカ戦(9/17)では1位と5位。マニュファクチュアラーでは、フェラーリとフォードを抑えて現在1位がアストンマーティン。そしてドライバーも1位と3位はアストンマーティンレーシングとなっています。GTEクラス王者のマシーンの公道バージョンがこのGT8です。ぜひ六本木や麻布周辺にお越しの際はお立ち寄りください。

株式会社アトランティックカーズ

 

 関連記事

ルマン育ちのロードカー Vantage GT8

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?m=201604

 

 

アストンマーティンレーシング

WECニュルブルクリンク6時間耐久 ダブルで表彰台へ

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8707

 

ルマン24時間 2016 Manufacture Title

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8636

  

アストンマーティン・レーシング・レース近況 (ルマン24時間に向けて)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8589

 

2016FIA世界耐久選手権(WEC)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8515

カテゴリー: ASTONMARTIN RACING, NEWS, SHOW ROOM, V8 VANTAGE, V8 VANTAGE S | コメントは受け付けていません。

アトランティックカーズ ゴルフコンペ 2016 ご案内投稿日: 作成者: snohara

涼しげな秋の空気が近づき、夏の終わりを感じさせる季節となってきました。秋なので、過ごしやすくなった屋外で体を動かすのはいかがでしょうか?

ゴルフコンペを今年も開催いたします。今年は1020日(木)に山梨県の富士桜カントリー倶楽部で開催いたします。

 この富士桜CCは名前の通り、富士山がとてもきれいに見えるコースを有し、特に6番ホールと最終ホールからはきれいに見える事が多いです。

先日もフジサンケイ・クラッシックが開催されトッププロが競い合っていました。美しいだけではなく難しさも併せ持った名門コースです。

6番ホール-400x300

ぜひアストンマーティンに乗ってこのコンペに参加頂き、一緒にグリーンから富士山を眺めコース攻略しませんか?

コンペ詳細

場所:    富士桜カントリー倶楽部

              401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立7187-4

               TEL 0555-73-2211

日時:      平成281020日(木曜日)

参加費:   10,000 (1名様)

              ※パーティー費用を含みます。

※プレイ費(22,500)及び、クラブハウスでのお買い物などは

     各自ご精算をお願いします。

競技方法: ダブルぺリア方式(新ぺリア)

参加対象: アストンマーティン・オーナー様とそのご家族まで

参加締切: お申込み先着18名様とさせていただきます(別紙、お申込用紙にて1010日(月)締切り)

賞品:     優勝、準優勝、ドラコン賞、ニアピン賞、参加賞など魅力的な賞品をご用意しております。

 

参加ご希望のお客様は、弊社(中村・伊藤)までご連絡ください。

株式会社アトランティックカーズ 電話03−3583−8611

カテゴリー: EVENT・SHOW | コメントは受け付けていません。

10月1日 スキルアップトレーニング 参加申し込み開始投稿日: 作成者: snohara

すこし涼しくなってきたかと思われますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

弊社アトランティックカーズでは年に2、スキルアップトレーニングと呼ぶスクールをツインリンクもてぎで開催しております。

 DSC_4748

今年の2度目のスキルアップトレーニングが101日(土曜日)に近づいてきておりますのでご紹介させて頂きます。

(こちらは今年4月のスリパリートレーニングの写真です) DSC_4762

 

 

 

 

 

弊社ではアストンマーティンだけを集めた開催10年を超えたATLANTIC CARS PDC(アトランティックカーズ・パフォーマンス・ドライビング・コース)というスクールも開いておりますが、スキルアップトレーニングはアストンマーティン以外の車でも参加が可能なスクールです。日本、ドイツ、イタリア、アメリカ、イギリスなどの様々な国のスポーツカーでご参加いただけます。

 Bプログラム(ロードコース)DSC_4788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラムはトレーニングコースのみ走るAプログラム、その後にロードコースを走るBプログラムの2種類です。座学から始まり、わざと水をまいて滑りやすくした特殊なトレーニングコースでのターン、そしてもっと広い南コースでトレーニングを積み、Bプログラム希望の方は1日の最後にサーキットであるロードコースにてその成果を出していただくという内容です。

サーキット走行はチーム分けをし、トレーナーの後ろについての先導走行形式となり、速いチームとゆっくりのチームに分けて参加いただくので初めての方でも安心してご参加いただけます。

 

日時:101日(土曜)

場所:ツインリンクもてぎ

プログラム:A  31,800  9:30 17:00

                B     39,800円 9:30 19:00

A+B プログラム(定常円旋回、Jターン、スリパリコーナリング、南コース走行)

B プログラム      (東ロードコース走行)

 

お申込み書類

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/event/skilluptraining_201610/pdf/application.pdf

申込書にご記入の上、事前に事務局まで FAX or メールでお送り下さい。 ご記入いただいた申込書は当日(10/1)にお持ち下さい。今回、夜にロードコースを走るプログラム(B プログラム)と、走らないプログラム(A プログラム)とでわかれておりますので、申込書ないで A B をご選択下さい。また、ご同伴者様がいらっしゃる場合にもお知らせ下さい。

 

皆さまのご参加お待ちしております。

 

株式会社アトランティックカーズ

アトランティックカーズレーシング事業部

 

 

関連記事

 

アトランティック・レーシング・スキルアップトレーニング 429日(祝)」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8552 

カテゴリー: スキルアップトレーニング | コメントは受け付けていません。

DB11エンジンの秘密投稿日: 作成者: snohara

Aston Martin DB11_Embargo 010316 1400CET_38

現在、最もホットなアストンマーティンのモデルは間違いなくDB11であり、日々多くの方からこのモデルについての問合せを頂いております。

 今までNAのエンジンしか作ってこなかったアストンマーティンが初めてツインターボを搭載した事にも質問が集まり、排気量が5.2リッターしかない事にも驚かれる方がいらっしゃいました。

今回、改めて紹介したいのがAston Martin Engine Plantと呼ばれるエンジンを専門に作っているドイツのケルンにあるアストンマーティンの工場です。この工場でDB11の5.2リッター・ツインターボエンジンと現在販売されている6リッターのV12と4.7リッターのV8が作られています。今年の6月20日には、DB11のエンジン1号機が出荷され認定する意味を込めてアストンマーティンラゴンダ社の代表取締役アンディー・パーマーがエンジンに「#1(1号機)」とサインをしました。

 car-good%20-process-for-8-hours-to-produce-a-v12-engine-of-the-aston-martin-db11-99

01_s

「アストンマーティン製エンジン」

この工場は2004年にアストンマーティン専用エンジンを作る工場として作られ、100人を超す高度にトレーニングを受けたものだけがおり、基本的に1人が1基のエンジンを組み立て、時間にして1基8時間をかけます。組み立てが終わり、数々のテストをし終えた後にエンジンはイギリスのゲイドンに運ばれます。年間で8000基のエンジンを産み出す能力あるこの工場は、ドイツ国内にありますがメルセデスベンツの施設ではないので、アストンマーティンの心臓はアストンマーティンが作っていますのでご安心下さい。

 Aston Martin Koln Engine Plant Photo  (29)

「DBシリーズで最出力」

DB11の最高出力は608PS/6,500rpm、最大トルクは700Nm 71.3kgm / 1,500 rpm

過去のDB9が最高出力517PS 最大トルク620Nm。

それを正常進化させたDB9 GTでは547PSの620Nm 0-100kmhが4.5秒

 

DB9 GTとDB11で比較すると

馬力(PS)               11%アップ           (547PS → 608PS)

0-100kmh             15%アップ           (4.5秒 → 3.9秒)

トルク                  12%アップ           (620Nm → 700Nm)

排気量                  14%ダウン           (5935cc → 5204cc)

 

確かにパワーはアップし、エンジンのいわゆるダウンサイジングが図られたのがこの数値でもおわかり頂けると思いますが、一方でエンジンプラントの製品開発担当取締役イアン・マイナード氏は「エンジンの小型化において、我々は排出ガスの削減や経済性の向上を求めたが、それ以上にトルクの増強を求めた」とコメントしています。そして数値に出てこない大きな変化として、12気筒のうちの片側バンクを休止させる機能が採用されましたが、乗員には休止したのが感知出来ないとの事です。

 100年以上の歴史を紡ぎ、NAという伝統を持ちつつ、ついにツインターボという新たな選択をしたアストンマーティン。これからの100年を見据えての大きな変革を迎えての最初のエンジン、今回のブログではこれを通して新しいアストンマーティンを知って頂きたいと願っております。

DSC_5347

 最後にDB11の実車が弊社ショールームにて9月17日(土)~19日(月曜/敬老の日)の期間で展示します。ご興味ある方はぜひご覧になって下さいませ。

 

株式会社アトランティックカーズ

住所:東京都港区麻布台3-5-5

TEL03-3583-8611

最寄り駅:地下鉄南北線六本木一丁目駅徒歩8分 

 

 

関連記事

 

DB11 日本上陸

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8765

  

アストンマーティン新世代の第一弾『DB11』ジュネーブショーで発表!!

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8429

 

 すでに、アストンマーティンにとっての2016年は多忙を極めている

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8319

カテゴリー: DB11, EVENT・SHOW, SHOW ROOM | コメントは受け付けていません。

氷上のDB11 in New Zealand投稿日: 作成者: snohara

今週はすこし涼しいですが、本日は涼しげな南半球から届いた映像をご紹介いたします。

これらの映像は8月の終わりにニュージーランドのミルブルックという壮大な自然に囲まれたリゾート地で行われた雪上での試乗会です。 JPG Small-New Zealand On Ice 2016 03

アストンマーティンでは氷や雪の上での試乗会をヨーロッパやアメリカ、そして今回は初めてアジアパシフィック地区での開催となりました。もちろんどの試乗会でもドライビングスキルの向上と氷上でのアストンマーティンの新たな魅力を理解いただく事と、そして成功者であるお客様へのおもてなしは欠かせません。 JPG Small-New Zealand On Ice 2016 01

今回の雪氷上の試乗会では、アストンマーティンの最新モデル達とまだデリバリーになっていないDB11を用意しました。氷点下の寒さながらもアストンマーティンの車両は問題なく走れる事を証明し、ハンドルを握ったお客様達からの反応もとても熱いものとの事でした。ぜひ日本でもこういったイベントが出来たらとても楽しいものでしょう。

JPG Small-New Zealand On Ice 2016 15

 

JPG Small-New Zealand On Ice 2016 12

23日のスケジュールで執り行われ、到着したら5星のホテルに泊まり、翌日に徹底的にドライブし、3日目は車以外の事をリゾートで楽しむという内容だったようです。

 

株式会社アトランティックカーズ

 

関連記事

Art of Living by Aston Martin(アストンマーティンのアートのある暮らし)」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8626 

 

 

ON ICE PERFORMANCE – LAPLAND 2015

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8051 

 

 

ON ICE PERFORMANCE – LAPLAND 2015 No.1

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8061 

 

 

ON ICE PERFORMANCE – LAPLAND 2015 No.2

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8075 

 

 

ON ICE PERFORMANCE – LAPLAND 2015 〜イチバンの男は?

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8089

 

 

ON ICE PERFORMANCE – LAPLAND 2015 〜イチバン最速の男は?

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8094

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, DB11, NEWS, Rapide S, V12 VANQUISH | コメントは受け付けていません。

アストンマーティン・レーシング メキシコ戦で1位、3位投稿日: 作成者: snohara

まだ暑い夏の最後に熱いアストンマーティンレーシングのニュースが入ってきました。

FIA世界耐久選手権第5戦にあたるメキシコでアストンマーティンレーシングがGTE Proクラスで1位と3位を取る快挙です。

5026_DG_WEC2016_Mexico

 表彰台に立つだけでもうれしいですが、アストンマーティンレーシングから2人が表彰台に登っており、かつ1位がアストンマーティンというのは本当にうれしいです。順位を見ていきましょう。

 GTE Pro 6時間耐久メキシコ戦 201693

1 Aston Martin V8 Vantage GTE #97 Darren Turner, Richie Stanway

2 Ferrari 488 GTE #51 Gianmaria Bruni, James Caldado

3 Aston Martin V8 Vantage GTE #95 Nick Thiim, Marco SØRENSEN

アストンマーティン2台に挟まれフェラーリがいますが、このクラスでの常連であるポルシェやアウディーを抑え表彰台に2台送りこみました。ベストラップもダレンの1’40.633とニックの1’40.478がベストラップとなりました。トリッキーな天候に関わらず安定した走りを披露しました。

 3918_DG_WEC2016_Mexico

そして現時点で、マニュファクチュアラーとチームポイントにおいてもGTE Proクラスで1位と3位がアストンマーティンレーシングです! 5954_ND _WEC2016_Mexico

次はアメリカ、そしてその次は富士スピードウェイにやって参りますので応援よろしくお願いします。

 株式会社アトランティックカーズ

 

関連記事:

「WECニュルブルクリンク6時間耐久 ダブルで表彰台へ」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8707

「ルマン24時間 2016 Manufacture Title」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8636

「ルマン育ちのロードカー Vantage GT8」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8534

「2016年FIA世界耐久選手権(WEC)」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8515

 

 

カテゴリー: NEWS | コメントは受け付けていません。

DB11 日本上陸投稿日: 作成者: snohara

次なる世紀に向けて新しく作られたニューモデルDB11がついに日本に到着しました。

アストンマーティンの今後の100年を担う中心的モデルであり、最新のテクノロジーを搭載した別次元のモデルとなります。(下はイメージ画像)

JPG Small-DB11 Soft Tech Exterior

どう変わったかを見極めるためDB11が下されるのを眺めながら、まずエンジン音、そして暗い荷台の中で光るLEDブレーキライトを見つめながら、そこから溢れる今までと違うオーラを感じ取りました。

<DBの伝統>

V12であることDBシリーズの伝統を受け継ぐフロントグリル、サイドストレーク、など変わらない箇所もあるも、やはり最大の変化は初めて採用され自社工場で生産されているこの5.2リッターのツインターボ。 DSC_5354

 

12インチTFT液晶モニターを採用したインストルメントクラスター 。DSC_5352

 

パーフォレーションと呼ばれる新しい内装レザー仕上げがされたシート、そして天井。DSC_5358

 

 些細とはいえ内側のハンドル形状にも変化が。DSC_5359

今後、こちらの車両をお客様達にぜひ見て触って頂きたく、パーティー・イベントなどを開いていく予定です。ぜひお客様たちの目で現車を確かめて頂きたいと思っております。

  株式会社アトランティックカーズ

 

関連記事

アストンマーティン新世代の第一弾『DB11』ジュネーブショーで発表!!

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8429

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, DB11, NEWS, SERVICE CENTER | コメントは受け付けていません。

Aston Martin by Hackett投稿日: 作成者: snohara

Aston Martin by Hackett Hackett 03

Aston Martin Racingと長い間パートナーであった英国ラグジュアリーウェアーHackettAston Martinと長期パートナーシップを結んだとニュースが入ってきました。

Aston Martin by Hackett」と名付けられた2016/冬用のコレクションの発表。 Hackett 01

 Racingの名前で出ていたコレクションも、とてもアストンマーティンと調和するデザインでしたが、この落ち着きあるシックなデザインはどちらかと言うとGTカーでの旅に合うのではないでしょうか?DB11との相性の高さは写真からも感じられます。

 アストンマーティンとのグローバルパートナーシップについてHackettのチェアマンジェレミーハケットさんはこうコメントしました。

「アストンマーティンとハケットの良好かつ強い繋がりに誇りを感じ、良い物がわかる方たちへ、より洗練されたものを届けていきたいと思います」 Hackett 04

14アイテムから構成される同コレクションではアウターウェア、ニットウェア、シャツ、ズボン、そしてアクセサリーがなどが用意されます。

関連記事

アストンマーティン新世代の第一弾『DB11』ジュネーブショーで発表!!

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8429

 

英国アストンマーティン・ラゴンダ社正規ディーラー アトランティックカーズ

カテゴリー: DB11, HACKET LONDON | コメントは受け付けていません。

Aston Martin Vanquish Zagato Launch Party Video Clip投稿日: 作成者: snohara

82日にVanquish ZagatoVantage GT8を弊社グループ企業であるB&B ITALIAのショールームにてお披露目した際の動画が出来上がりました。

Zagatoの力強いレッドとモデルで最も軽量化を果たしたVantage GT8のボディーを眺めながら、お客様と短い夏の夜を過ごせた事は貴重な思い出となりました。  

 

関連記事

ショールームにVanquish Zagatoを迎えて」

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8719

 

 

カテゴリー: EVENT・SHOW, V12 VANQUISH, Zagato | コメントは受け付けていません。

ショールームにVanquish Zagatoを迎えて投稿日: 作成者: snohara

ショールームにVanquish Zagatoがやってきました。DSC_5199

 

 

 

 

 

 

 

 

つかぬ間の滞在となる客人ですが、このVanquish Zagato Conceptの細かいところをご紹介いたします。 

もうすでに99台が全て完売しており、日本で購入されたのは1台、今回ご紹介するこの車両もすでに海外で買い手がついているため残念ながら販売は出来ませんが、せっかくショールームに来たのでカラーやインテリアをご紹介します。

 まずエクステリア(外観)のカラーは、「Lava Red(ラヴァレッド)」。Lavaはイタリア語で溶岩という意味になります。アストンで赤の外装色を選ばれる方は割と少ないのですが、Zagatoにはよく合う色と思います。この配色は標準です。

 そしてオプションで付けられたホイール「15-Spoke Satin Black Diamond Turned Wheel with Bronze Accent(15スポークブロンズアクセントサテンブラックDTホイール)」

DSC_5201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このZagatoが公開されたイタリアのVilla d’Este(ヴィラデステ)にちなんだヴィラデステというパックを適用した場合のみ選択可能のオプションのひとつです。金色にみえるブロンズ色のアクセントはZagatoにのみ与えられるオプションで、上品さと熱い情熱を併せ持つこの車の特性とよく合ってます。もしZagatoを購入しうるだけの力があれば、このオプションもぜひつけたいところです。

 もうひとつの外装オプションからつけられているのが「Bronze Anodised Side Strake(ブロンズアノダイスドサイドストレーク)」

DSC_5202

 

 

 

 

 

 

 

 

これも同じくヴィラデステのパックでのみ選択可能のオプションで、そしてZagatoのみのオプションです。ゴールド(金)ではなくブロンズ(銅)というあたりが上品。

 

最後に個人的に一番強烈な個性を感じたオプションはHeadlining(天井)のZパターン。 DSC_5204

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもヴィラデステパックを装着時のみ選べる特別なオプションです。

 それ以外にも標準装備であるZのキルトがシートやドアなどに施されており、フルカーボンファイバーのボディー、可動式リアスポイラー、Vulcan譲りのブレード(刀型)テールライト、そしてグリルを始め様々なところにZの文字があしらってあります。

DSC_5200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社アトランティックカーズ

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, Zagato, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

WECニュルブルクリンク6時間耐久 ダブルで表彰台へ投稿日: 作成者: snohara

Vulcan日本上陸、AM-RB 001, Vanquish Zagato Concept, Vantage GT8と様々なニューモデルを最近は当ブログにて紹介してきましたが、アストンマーティンレーシングのおなじみモデルV8 Vantage GTEのニュースです。

フランスのルマン24時間の次のWECのレースは、今回またドイツに戻りニュルのサーキットコースです。前回の24時間と比べ今度は6時間なので約4分の1の短さですが、なんと

GTE アマチュアは1

GTE プロは3

 

つまりダブルで表彰台に登れたのでうれしいです!

土曜日プロクラスの予選では95号車のV8 Vantageがポールポジションを取ったので、これは優勝するかと期待が高まりましたが、どちらにせよ97号車も5位に入りアストンマーティンの安定的強さが現れたレース結果となりました。

 

最後に、前回のルマンの間にアストンマーティンレーシングチームがおふざけで作った動画も貼っておきます。ユーモアがあるこの雰囲気がとても好きです。

 次回のレースはメキシコで93日、その次は917日でアメリカ、その次は1016日に日本のFuji Speedwayの予定です。

 

株式会社アトランティックカーズ

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, ASTONMARTIN RACING | コメントは受け付けていません。

スバル座カップ2016 ・ヨットレース観戦投稿日: 作成者: snohara

今年も、暑い夏がやってきました。

昨年に引き続き、7月17日(日)に行われるチャリティーヨットレース『スバル座カップ2016』の協賛を行っております。

2015_01_03_スタート

 

 

 

 

 

 

スバル座カップはヨットレースのイベントとして2009年から始まり、東京湾の夏のイベントとして定着してきました。

2015_04_架橋通過

 

 

 

 

 

 

メインスケジュール

9:00  レーススタート(浦安沖)

海ほたるで折り返し

15:00  ゴールリミット(浦安沖)

18:00  表彰式 (東京夢の島マリーナ)

 IMG_0868

ヨットは車やボートと違い、基本的にエンジンを使わず風を受けて進むため、私達が慣れ親しんだ自動車のレースとは大きく内容が違う事に気づかされます。

たとえばレースのスタートもゆったりした仕組みで、1つのグループに対し

予告信号 8:55 (5分前)

予備信号 8:56 (4分前)

1分信号 8:59(1分前)

スタート!となります。

 スタート地点も白線などないので経度緯度となってます。

ちなみに35°36.27’N  139°53.67Eあたりがスタート地点です。2015_05_01_回航

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場とゴールは夢の島マリーナ(東京都江東区)ですが、朝9時に浦安沖の海上からスタートをし、アクアラインの下を時計回りでくぐり、ゴールとなります。100艇が参加するこの海のレースです。

アトランティックカーズでは、夢の島マリーナにアストンマーティンの展示ブースを御用意してお待ちしております。

夏始まり、近場のドライブで夢の島マリーナへ是非お越しください。

カテゴリー: EVENT・SHOW, NEWS | コメントは受け付けていません。

AM-RB 001 ゲイドン工場で公開される投稿日: 作成者: snohara

アストンマーティンとF1ファンの皆さまの待望の1台が日本時間の昨日、ついに公開されました。

 amrb-001-news

過去のブログでも紹介をさせて頂きました。

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8491

 

プロジェクトコード「AM-RB 001」つまりAston Martin とRed Bull が作る1号機です。

 

昨日イギリスのゲイドン工場で派手に公開されました。

ノーズにアストンマーティンロゴを載せたレッドブルのRB12からリカルドが降り立ち、お待ちかねAM-RB 001をアンベール。

 その時の様子を伝える動画もございます。

https://www.youtube.com/watch?v=37AjQ1_EKn4&feature=youtu.be

ゲイドンの工場がまるで映画のスタジオのように華やかです。そしてスポットライトの中心のAM-RB 001が何よりも輝いていました。想像をこえた見たことのないボディーの形には未来を感じます。

 

<エアロダイナミクス>

フロントタイヤとボディーの間はF1マシーンのように空気の流れるスペースが作られており、真後ろから見た場合もボディー下部に子猫が通れるほどのスペースがあります。

GT3クラスをイメージしたVulcanは、ボディー下部と地面の間がほとんどなく、まさに猫一匹通さぬフラットな造りと対照的に見えます。

これが「空力の神」エイドリアン・ニューエイが長い間夢見たロードカーの形という事なんでしょう。「数ある自動車メーカーの中で一番組みたいと思っていたのがアストンマーティンだった」と言ってくれています。F1タイトルを獲得したマシンを30年の長いキャリアーの中で10台も生み出したニューエイのデザインです。彼にとってロードカー作りは初めてですが、F1でしか見られないようなエアロデザインが盛り込まれているのが見てとれます。

 

<パワーウェイトレシオ>

パワーユニットについてはまだ数値は発表されていませんが、NAのV12をミッドマウントすることと、パワーウェイトレシオが1対1となることが発表されました。

 

もうひとつ、AM-RB 001をキレイに撮影した動画を最後にご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=lTs8mvvccgg

150台の限定で、今回発表されたのがまだコンセプトモデルであるのにも関わらず(納車は2018年予定)すでに全世界では300人の予約が入っていると言われる超人気のハイパーカーです。(Vulcanよりもありがたいお値段なんですが….)

 

そして、このロードカーの後には、サーキットオンリーのAM-RB 001も発表予定です。詳細がわかればまたご紹介いたします。

 

 

株式会社アトランティックカーズ

カテゴリー: AM-RB 001, Aston Martin Lagonda Limited, NEWS, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

Power, Beauty, Rarity(希少性)投稿日: 作成者: snohara

アストンマーティンの会社理念は「Power, Beauty, and Soul」なのですが、今回ご紹介する新型はSoulというより希少性と言い換えてもいいかも知れません。

Vanquish Zagato Concept

JPG Medium-JPG Medium-Vanquish Zagato_15

JPG Medium-JPG Medium-Vanquish Zagato_07

Vanquish Zagato Conceptをご紹介する前にZagatoとの歴史を振り返ってみたいと思います。

あまりご存じない方もいらっしゃるかも知れないので、今回はZagatoの貴重さをシェアしたいと思います。ご存じアストンマーティンはイギリス、そしてZagatoは真っ赤な色でわかるかも知れませんがイタリアの自動車ブランドです。ざっと年表にしてみたのでご覧ください。

JPG Small-JPG Small-9C676F70FC8237FEBD143BDC9[1]

1960  DB4 GT Zagato 

ザガートによって軽量化されて発売されたこのモデルは、たった19台だけが世に出ました。

 JPG Medium-Vantage Zagato 03

1986  V8 Vantage Zagato

ジュネーブサロンで発表されたこのモデルはクーペが52台、コンバーチブルが37台製作されました。合計で89台。新車価格で約2066万円でミスタービーンズ役のローワン・アトキンスが購入したのも有名な話です。

 JPG Medium-DB7 Zagato 02

2003  DB7 Zagato

大きなフロントグリルは現在のRapideを思わせます。この時からルーフが頭が2つ並んで膨らんでみえる「ダブルバブル」仕様となり、合計で99台が作られました。こちらも新車価格で約2825万円。

JPG Medium-V12 Zagato 03

2011  V12 Vantage Zagato

Zagatoとのコラボ50周年となったこのVantageも現在のVanquishと同様にイタリアのヴィラ・デステ(Villa d’este)で公開されました。こちらも99台だけ製作。当時の販売価格は£33万(約4050万円)。ZagatoでないV122173万円だったので倍の金額です。

 当然ながらこれらZagato1台残らず売り切れ1台も残っておりません。最初のDB4 GT Zagatoがオークションにかけられたら10億を超えると言われています。

これがアストンマーティンとZagatoの間の関係性で特筆すべき点かも知れません。

アストンマーティンの企業理念で「Power Beauty Soul」という言葉がありますがZagatoとのコラボの間では「Power Beauty Rarity(希少性)」とたとえられる事があります。そしてZagatoとコラボをしたDB4 GTなど全てが「値下がりがしない」とも言われています。

 Zagato Concept  back

その伝説の組み合わせが2016年にまた再び現れ、5度目のマリアージュは遂にフラッグシップのVanquishと組み合わせられました。前席の頭上部分が盛り上がった「ダブルバブル」と呼ばれるカーボンファイバー製ルーフなどの伝統を受け継ぎつつも、Vulcanのようなテールランプ、DB11のような可動式スポイラー、伝統と革新を併せ持つ特別なアストンマーティンとなりました。

 JPG Medium-Aston Martin Vanquish Zagato Concept_03

ただただ残念なのは、Vanquish Zagato Conceptはすでに99台が全て売り切れてしまいました。

 

昨今、車が好きで買うというより投機目的で購入されるケースをよく聞きます。

たしかに冒頭で紹介した1960年に最初のZagatoは新車価格が約551万円だったのに2015年にはそれが約17億円で競り落とされたのです。今回のVanquish Zagatoが最も高価な値段なのに即完売したのはそういった影響があったのかも知れません。

 

株式会社アトランティックカーズ

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, NEWS, V12 VANQUISH, V12 ZAGATO, コラボレーション | コメントは受け付けていません。

ルマン24時間 2016 Manufacture Title投稿日: 作成者: snohara

アストンマーティンレーシングの活躍を以前より紹介させて頂いております。

週末、かの有名な「ルマン24時間」(6月18~19日)に参加しました。レースの結果をお伝えするその前に日本ではあまりニュースで取り上げられることもなく、知らない方もいらっしゃると思うので説明します。 3703_ND_WEC2016_LEMANS

FIA(国際自動車連盟)という組織のもとWEC(世界耐久選手権)が開かれ、その中のGTE ProGTE Amというカテゴリーでアストンマーティンレーシングは戦っています。

GTEクラスは市販車をベースとしているのに対し、同じコースを一緒にLMP1LMP2という上級カテゴリーの車両が走ります。LMPクラスはレース専用のプロトタイプカーです。対してGTE (Grand Touring Endurance)は市販車ベースとなります。なのでアストンマーティンは市販しているVantageをベースにVantage GTEという車両で参加しています。 8807_ND_WEC2016_LEMANS

今回の「ルマン24時間」の結果、アストンマーティンはイタリアのフェラーリとアメリカのフォードを抑えて。2016年WECシリーズでGTE Proクラス「マニュファクチュアラー・タイトル」首位となっています。

1位 Aston Martin            112ポイント

2位 Ferrari                       103ポイント

3位 Ford                           98ポイント

プライベートチームのBeechdean がVantageで GTE Amクラス7位、ド派手さはないものの、確実に上位の戦いに入っていることだけは知っておいて頂きたく思います。

 

さて、ルマン24時間の結果をお伝えします。

 

まずアストンマーティンレーシングから出走したのは3台。残念ながら表彰台に届かず!

#95 GTE Pro       5

#97 GTE Pro       6

#98 GTE Am       リタイア

 

GTE Proクラス 結果

1位 Ford GT

2位 Ferrari 488 GTE

3位 Ford GT

4位 Ford GT

5位 Aston Martin Vantage GTE

6位 Aston Martin Vantage GTE 

ルマンというと、やはり総合優勝する車両が話題を集め、特に日本国内ではそれ以外にはなかなか注目が集まりません。対象的に、今回優勝確定と思われたToyota Gazooレーシングが残り3分でトラブルに見舞われ失格となったニュースは話題となっているかと思います。

このLMP1クラスの最速ラップ(TOYOTA)3’21.445GTE Proクラスの最速ラップ(Ford)3’51.514。つまりLMPクラスはGTEクラスより1周で約30秒も速いクラスとなります。 

LMP1                最高速391km/h (TOYOTA)

GTE Pro            最高速341km/h (Ford)

Aston Martin  最高速 338km/h

WEC発表値 http://www.fiawec.com/races/24-heures-du-mans/results-and-chrono.html

 市販車ベースとプロトタイプレーシングカーの差がおわかりいただけましたでしょうか? 

 アストンマーティン正規ディーラーとして、次回724日のニュルブルクリンク6時間耐久での活躍を大いに期待しております。

 株式会社アトランティックカーズ

カテゴリー: ASTONMARTIN RACING, NEWS, V12 VANTAGE | コメントは受け付けていません。

Art of Living by Aston Martin(アストンマーティンのアートのある暮らし)投稿日: 作成者: snohara

  Art of Living by Aston Martin(アストンマーティンのアートのある暮らし)

 Art of Living

アストンマーティンが、車両というのでなくライフスタイルを提供するプログラム「Art of Living (アートのある暮らし)by Aston Martin」が6月8日からスタートしましたので、ご紹介させていただきます。

 そのイベント会場はヨーロッパに留まらず、遠くは南半球で雪上ドライブというものまであります。渡航費を別にしても、参加費も安価ではなく誰でも気軽に参加出来るものではありませんが、本ブログを読むのにはお金はかかりませんのでオーナーでない方も最後までお付き合い下さいませ。

 

 617日~20日 「ルマン24時間ファーストトラックエクスペリエンス」LeMans 24hr

場所:フランス

アストンマーティンレーシングのチームを応援しに行くプログラムですが、泊まるところも「シャトー・ド・レイニャック」という16世紀から続くワイナリーのホテルです。

シャンパンやボルドーワインを古城のような施設で楽しみ、翌朝はヘリでサーキットへ、軽いランチをシャンパンで流し込み、ガレージをのぞきメカニックや戦略センターの様子もチェック、夜にはブラックタイに着替えグラマラスなルマン24時間のパーティーへ参加アストンマーティン専用の鑑賞エリアからレースを楽しむだけではないんです。

 

717日~18日 「究極のポロ体験」Polo

場所:イギリス

100年以上の歴史を刻むイギリス伝統の国立公園で開かれる「ジャガー・ル・コルトレール・ゴールドカップ」Jaeger-LeCoultre Gold Cup)の観戦。「壮観さを享受」という説明からも伝わる荘厳なる空気感

 

730日~85日 「DB11 トスカーナドライブ」home with DB11

場所:イタリア

15世紀に建てられた鮮やかなイタリアの名建築を宿にし、トスカーナ地方の自然に囲まれたワインディングロードをモデルチェンジを果たしたばかりのDB11でドライブ。参加費は約£3,500(約56万円)

 822日~28日 「オンアイスニュージーランド」New Zealand on Ice場所:ニュージーランド

北半球を飛び越え、8月には冬を迎えるニュージーランドのリゾート地域でDB11をはじめアストンマーティンの全てのモデルを試乗できる極上イベントです。北欧、北米と続いた「オン・アイス(氷上)」イベントですが、今度のニュージーランドでは3日間の日程のうち1日は車以外にスキーなど自由に遊ぶことも追加されました。

 いかがだったでしょうか?アストンマーティンの持つジェントルマンなイメージが伝わりましたでしょうか?まだ詳細が発表されていませんが、このプログラムでは日本やキューバ、カリフォルニアでもイベントが予定されています。アストンマーティンのオーナーに限られたイベントですが、いつか参加してみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, DB11, EVENT・SHOW, NEWS | コメントは受け付けていません。

アストンマーティン・レーシング・レース近況 (ルマン24時間に向けて)投稿日: 作成者: snohara

今年のヨーロッパでのアストンーティンのレースシーンの活躍をお伝えします。 

アストンマーティンレーシングチームとは別に「パートナーチーム」と呼ばれるチームがアストンマーティンVantageでたくさん戦っております。会社やチームが違えど、同じアストンマーティンで戦っているという意味では皆ひとつの仲間と言えます。

 <ブリティッシュグランプリ>注目すべきは「TF SPORT」というチーム(ゼッケン17番)がブリティッシュグランプリにて2連勝しました。416日のブランズハッチでは2位に7秒半の差で圧勝し、2週間後の430日のロッキングハムでも1位!ベントレーやランボルギーニを抑えて2連勝です。そしてこのチームは5月にイタリアのイモラで行われたGT3ルマンカップでも2位のFFF Racing Team by ACM(マクラーレン)に16.7秒の差をつけて優勝しています。

TF Sport lead 

 

 

 

 

 

(参照ニュース)http://www.dailysportscar.com/2016/05/14/gt3-le-mans-cup-imola-tf-sport-takes-commanding-victory.html

57日スパ・フラコルシャンで行われた世界耐久選手権第2戦では、アストンマーティンレーシングがルマンGTE AMクラスにて98番がクラス優勝し、GTE Proクラスでは97番が3位と表彰台に入りました。このレースはルマン24時間の前哨戦となるのでどちらもいい結果を出せたと言えます。2016 V8 Vantage GTE (1)

こういったレース結果を反映されてか「VantageGT3クラスでベストカー」とMotors TVで投票されました。やはりヨーロッパはレースに対し熱い眼差しが向けられた地域なんだと感じさせられます。https://twitter.com/MotorsTV/status/732585907920994304

最後に2連勝(2 Races 2 wins)を飾った二人の写真を載せさせて頂いて、この投稿のフィニッシュを飾らせていただきます。今イギリスGTレース界で最速のチームTF SortJonny AdamsDerek Johnstonです。Jonny Adam and Derek Johnston

 

 

 

 

 

カテゴリー: ASTONMARTIN RACING, NEWS, V12 VANTAGE, V12 Vantage S | コメントは受け付けていません。

上山田ヒストリカGrand Prix 2016投稿日: 作成者: snohara

夏が近づく足音がする、というよりもう夏なのではないか?そんな季節となっております。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 弊社アトランティックカーズはアストンマーティンの正規ディーラーですが、アストンマーティンを展示したり眺めるだけでなく、積極的に走らせるイベントに数多く参加しております。お客様と一緒にサーキット走行やスクールも行っておりますが、今回は弊社のレース仕様Vantageにて長野県にてラリーイベントに参加して参りました。その様子をお伝えします。 13230357_645991575549364_2678554651714760760_n

521日(土)1日目「スーパーカーラリー」は一定の時間に合うようにスピードを調整しながらコ・パイロット(ナビゲーター)と能力を出し合って狙った時間にゴールする、線踏みと呼ばれる競技でした。今回で参加するのは2回目となりますが、早すぎず遅すぎずゴールするにはドライバーもコ・パイロットどちらも重要となることを実感しました。そしてタイヤも減らないですし、危険も少ないので夫婦でご参加いただくというのもいいのではないでしょうか?今回もドライバー弊社代表野原茂、そしてコ・パイロットがメカニックの中村充利で走り、結果は6位でした。13221097_646436462171542_5122556687866207198_n

 2日目よりハードな「ヒルクライム」のコースのテスト走行(下見)をして初日は終了しました。

13237712_1039544206141893_8596297361821298665_nなかなか狭い林道を全開走行となることがわかりドキドキです。ここ上山田は温泉街ですので湯につかって明日に備えます。

13245375_1039544199475227_3170460961262905794_n

522日(日)2日目「ヒルクライム」730のブリーフィングを終えて800からReg.1Reg.3と全開走行してきました。

map

狭いワインディングをほぼ1速で走りきってきました。残念ながら6位まで入れませんでした。上位にはスーパー7などが入っていました。13244872_1039973422765638_4310833966130763882_n

写真はReg.3の前に無人駅の冠着駅でスタート待ちをしました。

13232918_1039973412765639_2682683309567716497_n

とても心地よい疲労感です。来年はぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

オフィシャルホームページ

上山田ヒストリカGP http://www.nasc.jp/16c_0522.html

カテゴリー: Atlantic Racing, EVENT・SHOW | タグ: , , , | コメントは受け付けていません。