カメラの違い

山中です。

私のXperiaと、アストンのセンターコンソール小物入れを絡めたブログを最近書きましたが、今回もXperia絡みです。
一ヶ月ほど前にXperiaに機種変更をしたのですが、思いのほかカメラの写りが良く、時折活用するようになっていました。
(それまでは写メを使うことはほとんどなかったのです)

この前機種変更後初めてスマートフォンのカメラで、ショールームのアストンを撮ったのですが、写りは良いが何か満足いく写真が撮れないのです。
そんな中、いくつか撮った写真の中で一番出来が良かったのが、下の写真です。
DSC_0046.jpg

なかなかフレーム内に車が収まりきらず、ウィンドウガラスがあるところまで目一杯下がってようやく上の写真が撮れたのです。
もう少しでも前に移動してしまうと、写真の枠ギリギリまでVirageが埋まってしまいます。

そこで普段使っているデジカメを取り出し、全く同じポジションから撮影をしてみたところ、写る範囲の広さの違いに驚くことに。
IMG_6941.JPG

上下左右に広がりがあるのがわかりますでしょうか。
私が使っているデジカメは、広角なレンズを搭載しているものなのですが、こうも写り方が違うものなんだと感じた次第です。

デジカメで撮ると、最初の写真に写っているのと同じ大きさにVirageをしてみても、上下左右に相当の余裕があります。
言い換えれば、特定の被写体(例えばクルマのパーツ)をアップで撮っても、その周辺の様子もわかるということです。
ラピードがショールームの目の前にとまっていたので、それも写真を撮り比べてみました。
上がスマートフォン、下がデジカメで撮ったものです。(どちらも同じポジション)
DSC_0049.jpg
IMG_6942.JPG

ガラスへの映り込みが気になってしまい、これ以上後ろに下がれない状態になっています。
(すでに映り込んでいるのはご愛嬌ということで)
スマートフォンだと、全長5mを誇る堂々たるラピードを収められるかられないかの限界です。
一方デジカメは余裕がかなりあります。
余裕があるので、写りこまないようにさらに前に出てガラスにレンズを付けて撮影することも可能となります。
気軽さではスマートフォン/携帯のカメラに軍配があがりますが、きちんと写真を撮ろうと思うと本当のカメラが威力を発揮します。
特に、被写体が特定の物となる場合、特にクルマを撮る場合には広角のデジカメが必須ですね。
写真撮影は素人である私の場合は、とにかく色々なアングルと距離から多くシャッターを押し、その中の数枚がお見せ出来るものになることが多いので、広角で余裕のあるデジカメは手放せません。。。

せっかくなら、おっVirageかっこいいね とか、Rapideは4ドアとは思えないデザインしてるね~ と思ってもらいたいですから。

カテゴリー: NEWS, RAPIDE, VIRAGE   パーマリンク