超細かいことですが

山中です。

超マニアック&細かいネタいきます。

サービスセンターのスタッフから質問があり、初めて気付いたことがあります。
あることに関して、「この違いってなんですか?」と聞かれたのです。
今まで見落としていたことですから、とてもとても細かいことなのですが、、、

それは現行アストンのエアコンの吹き出し口に関することです。
現行のアストン(One-77を除く)は、下の写真の様な共通のA/Cアウトレットパーツを使用しているのですが、実は共通ではなかったのです。

IMG_6880.JPG

横のダイヤルを回すことによって、全開/全閉を操作し、ルーバーの中心にあるつまみで風がいく方向を調整するというごく一般的なものなのですが、形状こそ同じなれど、同じアストン様でも二種あるのです。

それは、ダイヤルの上と下に描かれたアイコンのカラー。
ブラックとシルバーのものが存在するのです。

さっきの写真はブラックでしたが、下の写真はシルバーになっています。
IMG_6883.JPG

形状は同じ、ベゼルのカラーも同じなのに、アイコンのカラーだけが違うのです。
パーツリストを調べると、確かにブラックとシルバーの二種類が載っているのですが、どっちが何用なのかがわからず、サービスのスタッフは困っていたのです。
今まで気付いていなかった位ですから、私もこれはわかりません・・・。
というわけで早速ゲイドンに問い合わせをしました。

そして、出てきた答えが、ブラックはグラファイトインテリア用、シルバーはイリジウムシルバーインテリア用とのこと。
V8 Vantage/V8 Vantage S/V12 Vantageの3モデルVantageファミリーは、グラファイトインテリアが標準なので、VantageにはブラックのアイコンがついたA/Cアウトレットが装着されるということになります。
一方イリジウムシルバーインテリアは、Vantage以外のモデルに採用されているインテリアカラーであり、こちらにはシルバーのものが装着されるのです。

グラファイトインテリアとイリジウムシルバーインテリアといっても分かりずらいと思いますので、写真で軽く説明をしておきます。
まずグラファイトインテリア。
P1040786.JPG
V12 Vantageの写真なのですが、センターコンソール全体が濃いメタリックグレーのフィニッシュになっています。

一方イリジウムシルバーインテリア。
IMG_3985.JPG
上の写真よりはセンターコンソールが明るいシルバーのフィニッシュになっているのがおわかりいただけますでしょうか。

センター部だけでなく、ドアのメタルパーツもそれぞれ同じカラーフィニッシュを受けますので、この明るさの違いだけでインテリアの印象が変わってきます。
Vantageファミリーはスポーティーなイメージを作る為に、引き締まった印象となるグラファイトカラーを採用しているのだと思います。

話を戻しますが、この違いの為に、アストンはA/Cアウトレットパーツを二種類用意しているのです!
そこまでマッチングを考えると言いましょうか、拘ると言いましょうか、ちょっとずれているようで面白いです。

細か過ぎて申し訳なるようなネタでした・・・。

追記
DBSやVantage Sでピアノブラックインテリアにすると、アウトレットのアイコンはシルバーになります。
またV8 VantageとVantage Sでイリジウムシルバーインテリアオプションを選択すると、やはりアウトレットのアイコンはシルバーになります。

カテゴリー: NEWS, VIRAGE   パーマリンク