ルマン育ちのロードカー Vantage GT8

asm00577_resized

アストンマーティンのあるゲイドンから「究極のV8 Vantage」が発表されました。

ご存知のようにアストンマーティンはラグジュアリーなモデルを生み出しているブランドでありながら、レースの分野において長く戦い続けております。

1959年のルマン24時間総合優勝しかり、GT3GT4のカテゴリーで数々の勝利を勝ち取り、(今季のFIA世界耐久選手権(WEC)の第1戦では惜しくも3位)GTレーシングの分野では先頭を走っております。

CEOのアンディー・パーマーも「市販車作りはビジネス、レースはDNA」とレースのないアストンマーティンはあり得ない事を明言しているほどです。

アストンマーティンのモータースポーツの血統を凝縮し、色濃く受け継いだのが今回発表されたVantage GT8です。

 「インスピレーション」

asm00566_resized

このプロジェクトの担当ディレクターであるデビッド・キングは「ルマンをはじめとするモータースポーツ活動を完全に反映させたロードカーを製作したかった」と動機を明かしています。ナンバーのつけられないレースカーであるVantage GTEから強いインスピレーションを受けて、徹底的な軽量化とエアロダイナミクスの向上を主眼に置き、限界まで磨き上げられた究極のV8 Vantageが出来上がりました。

GT8はオプションの装備をつけることにより最大100kgの軽量化が可能で、V8 Vantageシリーズで史上最軽量となります。446PSの最高出力を持つ4.7LV8エンジンに組み合わせられるトランスミッションは6速マニュアル、またはSports Shift IIパドルシフトとなります。

GT8 Interior from Bulletin

 Vantage GT8に関しては詳しくは弊社にお尋ねくださいませ。

 013_astonmartin_gt8_resized

Vantage GT8 諸元表

全長:4,540mm(エアロパックを含む) 全幅:1,922mm(ドアミラーを除く)全高:1,258mm ホイールベース:2,601mm フロント・トレッド:1,590mm リア・トレッド:1,626mm 装備重量:1,510kg(すべての軽量化オプションを含む)(予測値)最高出力:446PS1(440bhp/328 kW)/7,300rpm最大トルク:490Nm(457 lb-ft)/ 5,000rpm 0~60mph(約96km/h)加速:4.4秒(予測値)最高速度:190mph(約304km/h)(予測値)

カテゴリー: Aston Martin Lagonda Limited, ASTONMARTIN RACING, NEWS, V8 VANTAGE   パーマリンク