軽量コーナリングマシーンのGT8 ショールームにて展示中 !!

アストンマーティンはラグジュアリーブランドでありつつも、ブランドの歴史として長くレーシング活動を行っております。今回ご紹介するVantageはそれを強く受け継いだモデルであるVantage GT8であり、実車が現在弊社ショールームで展示されております。

Vantage史上最も軽量化がされたGT8は以前このブログでもご紹介しましたが、現車を前に細かい仕様やオプションを紹介させていただきます。 

DSC_5436

では詳細を見ていきましょう。

「驚くほどに軽いドア」 

DSC_5431

このカーボンファイバーのキャップにされたサイドミラー、そしてカーボンファイバーの内貼りによりドアを開けた時からその軽量化を感じさせられました。

その他にもルーフもカーボンファイバーになっており軽量だけでなく低重心化も考えた仕様になっています。

「空力」

DSC_5535

GT8 SR3大胆に後方にマウントされたリアのカーボンファイバーウイングはもとより、大きくせり出したフロント部分にも多くの空力パーツのオプションが付けられています。

「ホイールオプション」

GT8 SR2

今までにない多くのホイールのオプションが用意され、この車に付けられているのがセンターロック付きの19インチ7スポークサテンブラック。

本社両車には付いていないものの、最高峰のオプションとして用意されているマグネシウムの19インチ7スポークは、値段こそ300万円を超えるものの8.5kgの軽量化を果たすものです。

「アストンマーティンレーシング直系」

GT8はアストンマーティンレーシングで世界耐久(WEC)のGTEクラス(市販車限定)で活躍している、Vantage GTEにインスパイアされたレース直系のマシンとして作られたマシンです。

アストンマーティンレーシングの今季の成績は絶好調で、北米で行われたメキシコ戦(9/3)では1位と3位。アメリカ戦(9/17)では1位と5位。マニュファクチュアラーでは、フェラーリとフォードを抑えて現在1位がアストンマーティン。そしてドライバーも1位と3位はアストンマーティンレーシングとなっています。GTEクラス王者のマシーンの公道バージョンがこのGT8です。ぜひ六本木や麻布周辺にお越しの際はお立ち寄りください。

株式会社アトランティックカーズ

 

 関連記事

ルマン育ちのロードカー Vantage GT8

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?m=201604

 

 

アストンマーティンレーシング

WECニュルブルクリンク6時間耐久 ダブルで表彰台へ

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8707

 

ルマン24時間 2016 Manufacture Title

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8636

  

アストンマーティン・レーシング・レース近況 (ルマン24時間に向けて)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8589

 

2016FIA世界耐久選手権(WEC)

http://www.astonmartin-atlanticcars.co.jp/THE_BLOG/?p=8515

カテゴリー: ASTONMARTIN RACING, NEWS, SHOW ROOM, V8 VANTAGE, V8 VANTAGE S   パーマリンク