なかなか無いツーショットです

山中です。

ちょっと前のことなのですが、ありそうで無さそうなツーショットに出くわしました。
アストンマーティンにはオプションカラーも含めれば無限のペイントカラーが揃っていることもあり、同じカラーのアストンがそろうことって結構稀なのです。

しかも同じモデルとなると当然、確率は低くなります。
さらにレアなV12 Vantageともなるとそうそうあることではありません。

IMG_9983.JPG

この間、ショールームの前をホワイトカラーのV12 Vantage 2台が並ぶ機会があったのです!
正しくは、モーニングフロストとストラタスホワイトという異なるホワイトなのですが、ホワイトのV12 Vantageって日本に一体何台?と我々ですら思う位ですから、やはり稀少性の高いショットです。
ホワイトカラーのV12 Vantageのオーナー様がたまたま同じ時間に居合わせて、実現したのです。

寸法など基本のシェイプはV8 ヴァンテージと変わらないはずなのに、かなりアグレッシブに見えます。
後ろのV12 Vantageを見ると、リアのフェンダーの張り出しは迫力があります。
がっちりと地面を捉えて離さない様な安定感を感じさせてくれます。

実際にV12 Vantageは非常に高い次元でスタビリティーが確保されています。
でも、Vantageのコンパクト軽量ボディーに、過激なセッティングを施した12気筒エンジンがフロントに収まっているので、高い次元の云々を突き破ることも容易なんです。
スポーツカー好きならば、一度乗れば確実に鳥肌モノだと思います。

写真だとわからないですが、実際に見てみるとこの二種類のホワイトが見せる表情には違いがあります。
モーニングフロストはパールのホワイト。
ストラタスホワイトはホワイトのメタリック。

何が違うのか? 文章では表現出来ませんし、甲乙もつけられるものではありません。
完全に個々人の好みに依るところとなります。
もし私が自分のアストンを買うとして、この二つのホワイトに選択肢が絞り込まれたら1時間は迷いそうです。

これこそオーナーになる方の特権とも言える嬉しい悩み(私からしたら羨ましい悩み)なのでしょうね。
とても無責任な発言に聞こえかねないことを言うと、どっちのホワイトでもいいと思います。
下の写真を見ても思いますが、何にしてもカッコイイわけですから。
IMG_9985.JPG

カテゴリー: V12 VANTAGE   パーマリンク